So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

紹介します…。 [へび]

 冬休みが終わり、いきなり試験の連続で、ヒーヒー言っている娘が担当のセカンドブログも更新しました、合わせてよろしくで~す

高2病

紹介するのがすっかり遅くなってしまいましたが、新年のあいさつで使った写真の白っぽいヘビですが、え~と、家のです…。

現在、我が家には5匹のコーンスネークと2匹のボールパイソンが居ます。

苦手な方もいらっしゃると思い、あえて紹介しませんでしたが、何と言っても今年の干支、今紹介しないと12年後になってしまうかもしれないので、紹介します。

食欲がヘビー級なニャンの写真を挟みますので、苦手な方はここで戻ってくださいm(__)m

P1040001.jpg,20.jpg 

 まずは、コーンスネーク。

初めにコーンスネークについて、大まかな説明を…。

名前の由来は、お腹の柄が"インディアンコーン"に似ていることから付きました。

日本のアオダイショウとかシマヘビと同じ仲間です。

生息地は、北米の東部、中部、南部です。

それほど大きくならず(1mを少し超えるくらい)カラーバリエーション、パターンバリエーションが豊富でおとなしく、ペットにするにはもってこいのヘビです。

DSCF2528 (24).jpg,20.jpg

最初は、新年のあいさつに使った、白っぽいヘビです。

スノー系の白っぽくなるタイプのヘビでアルビノです。

ブロッチ(柄)にピンクやグリーンが入るのですが、白くなってしまいました、よく見ると首元が少しピンクっぽい色が残っています。

DSCF2258.jpg,20.jpg

チャコール(アネリスリスティックのBタイプ)俗に言うブラックアルビノです。

繁殖用に購入した♀ですが首の付け根にコブが有り、獣医さんでレントゲンを撮って調べたところ、肋骨が1本多くそれがコブの原因と分かりました、骨格異常で繁殖には使えませんね、ザンネン…。

DSCF2217.jpg,20.jpg

ハイポメラニスティック、黒色素が減少したものです。

ノーマルは柄の周りに黒い縁取りが有るのですが、このヘビは有りません。

DSCF2231.jpg,20.jpg

クリームシクル、ノーマルのエモリーラットスネークにアルビノコーンを交配して作られた、亜種間交雑品種で、純粋なコーンスネークではありません、が綺麗です。

DSCF2251.jpg,20.jpg

ルビーコーンスネークと書かれて売られていた、USAブリードの1点物、このヘビも亜種間交雑種と思われます。

赤色が強く出ていて、とっても綺麗です。

お次は、ボールパイソン。

ボールパイソンは、驚くと丸くなって防御することから付けられた名前で、大きさはめったに1m50cmを超えることは無く、ペットとして理想的な大きさで人気が有ります。

良く動物園のイベントで、ヘビと写真を撮ろう~、何て時に良く使われる、とってもおとなしい小型のニシキヘビです。

生息地はアフリカの中央部です。

09,5,10 (1).jpg,20.jpg

ノーマルの♀

09,5,10 (2).jpg,20.jpg

ノーマルの♂、顔だけ…。

家にいるのはノーマルで安いのですが、高い物(アルビノやパイボールと呼ばれる体の1部が白くなるもの。)になると何十万、何百万とします…、ビックリです。

以上、7匹のヘビを飼っています、付き合ってみると、生き物としてはものすごく進化した、カッコイイ生き物ですよ!

ヘビ…大好きです。